ゴースネルのサポ攻略!

ゴースネルのサポ攻略

ゴースネルにサポで挑みたい方のために、勝率100%の安定構成を紹介します!

サポでおすすめの構成は戦士、戦士、僧侶、僧侶です。

 

自分で僧侶を担当すると安定度は増します!

ゴースネルで最も厄介な技「闇の衣」からの攻撃を天使の守りで受け流し、時間を稼ぐことができます。

 

のんびり一人でゴースネルのサポ攻略を行いたい方は是非詳細を参考にしていって下さい!

 

ゴースネルのサポ攻略:安定構成編

 

ゴースネルのサポ攻略-安定構成

 

ドラクエ10のバトルが苦手な方、ゴースネルをサポで行くのが不安な方におすすめの安定構成です!

戦士(両手剣)、戦士(両手剣)、天地雷鳴士、僧侶
戦士(両手剣)、戦士(両手剣)、僧侶、僧侶

 

おすすめは、ゴースネルの闇の衣時に時間を稼ぎやすい僧侶構成です!

 

天地雷鳴士構成でも、カカロン+僧侶がいれば全滅の危険性はグンと減ります。

天地雷鳴士がお好きな方はお好みでお選びください。

 

サポ戦士の「真やいばくだき」がゴースネルに非常に有効です。

真やいばくだきさえしてくれれば戦士の仕事は完了ですので、サポでも問題ありません。

 

・通常時は戦士の真やいばくだき+回復二人
・闇の衣時は僧侶の天使の守り

 

2つの安定要素があるため、全滅する心配は少ないです。

自キャラは、天使の守り・回復・聖女の守りを自分で判断できる僧侶がおすすめです!

 

ゴースネルの攻撃は複数を巻き込む技が多いため、サポとは距離を離して戦いましょう。

さらに離れた距離で戦えば、おぞましいおたけびやはげしいおたけびに当たる心配もありません。

 

ゴースネルの真後ろに位置取り、十分な距離を取るのがおすすめです♪

 

ゴースネルのサポ攻略:高速構成編

 

ゴースネルのサポ攻略-高速構成

 

ドラクエ10のバトルにある程度慣れている方や、早くゴースネルの召喚府を消化したい方もいると思います。

速度重視のおすすめ構成を紹介します!

 

バトルマスター、バトルマスター、僧侶、僧侶
戦士、戦士、バトルマスター、僧侶
バトルマスター、バトルマスター、バトルマスター、僧侶

 

上から安定順、下から見ると高速順です!

自分で担当する職業は僧侶がおすすめです。

 

ゴースネル召喚府は、白紙のカードと呼び寄せの筆があれば練金釜でいくらでも作ることができます。

その為全滅しても痛手はないので、高速で周回したい方は是非やってみて下さい♪

 

ゴースネルで必要な耐性

 

ゴースネルで必要な耐性は以下の通り!

耐性がない方も安心して見てください♪

 

封印ガード
混乱ガード
呪いガード
マヒガード
おびえガード
毒ガード

 

このように、必要な耐性を用意しようと思えばキリがないので、今所持している耐性から可能な限り装備すれば十分です。

むしろ、死んでしまっても立て直せるように僧侶の天使の守りを切らさないように意識しましょう。

 

ちなみにプチゴースネルだと、耐性が無くても余裕で勝てる上に報酬も通常ゴースネルと大差ありません。

こだわりがない方・呼び寄せの筆が余っている方はプチゴースネルの討伐をおすすめします!

 

ゴースネル戦闘中の攻略方法

 

サポ戦士のさくせんを「バッチリ」にして怒り時にロストアタックをしてもらいましょう。

自キャラが天地雷鳴士の場合はマジックバリアとピオリムを、僧侶の場合は天使の守りと聖女の守りを積極的に使用しましょう!

 

おぞましいおたけび

 

おぞましいおたけびに当たってしまうと、複数の状態異常を受けてしまいます。
ゴースネルの後ろかつ距離を離した状態で戦い、巻き込まれないように気を付けましょう♪

 

破滅の流星

足元に攻撃範囲が出てくるので、踏まないように急いで移動しましょう!

 

紫雲のたつまき

猛毒状態になってしまい、HPが大きく削られてしまいます。

自分が猛毒になったときはどくけしそうを使用し、サポが猛毒になってしまった時は一旦見捨てて死んでからすぐにザオラルで蘇生させるのがおすすめです。

 

サポ戦士「酷い・・・」

 

ゴースネルの討伐報酬「金のロザリオ」は、非常に強力な効果を持っている首アクセサリーです。

まだ金のロザリオを所持していない方は、是非ゴースネルに挑戦して入手してみて下さいね♪

 

不安な方は一度、グレン城下町の道具屋で購入できる練習札を使ってみることをおすすめします!

分からない点や、もっとこうした方がいい点がなどあれば気軽にコメント下さいね。

 

↓金のロザリオのおすすめ合成などの詳細はこちら↓

金のロザリオのおすすめ理論値 金のロザリオのおすすめ理論値!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です