悪霊の神々強のサポ攻略!

悪霊の神々強のサポ攻略!

悪霊の神々強のサポ攻略にサポで挑みたい方のために、勝率100%の安定構成を紹介します!

サポでおすすめの安定構成は戦士、戦士、天地雷鳴士、僧侶です。

 

悪霊の神々強のサポ攻略で自キャラで担当する職業は、初心者の方なら天地雷鳴士がおすすめです。

 

戦士で相手の攻撃力を下げ、カカロンを召喚することで防御面がかなり安定します!

この記事では、初心者の方でも悪霊の神々強のサポ攻略をサポ攻略倒せるように立ち回り・構成を解説しています。

 

一人で悪霊の神々強のサポ攻略のサポ攻略を行いたい方は是非詳細を参考にしていって下さい!

悪霊の神々強のサポ攻略:安定構成編

悪霊の神々強のサポ攻略を安定させるためには、PT構成が非常に重要になります!

悪霊の神々強のサポ攻略-安定構成

ドラクエ10のバトルが苦手な方、サポで行くのが不安な方におすすめの悪霊の神々強のサポ攻略安定構成です!

戦士、戦士、天地雷鳴士、賢者
戦士、戦士、僧侶、僧侶

 

自分で担当する職は、天地雷鳴士・僧侶がおすすめです。

戦士は両手剣、天地雷鳴士は扇+盾、僧侶はスティック+盾のサポを借りましょう♪

 

戦士の真やいばくだきが非常に強力で、悪霊の神々強たちの強力なダメージを抑えてくれます。

レベルが低い初心者の方だと、悪霊の神々強の同時攻撃ですぐにやられてしまいます。

 

しかし、戦士の真やいばくだきで攻撃力を下げることで生き延びることができますよ♪

戦士を二人採用することで、二回真やいばくだきで攻撃ダメージを抑えることができます!

 

ダメージをかなり抑えることができれば、悪霊の神々強をサポ攻略する難易度が格段に減りますのでお試し下さい。

 

悪霊の神々強のサポ攻略:高速構成編

悪霊の神々強のサポ攻略を高速で行い方向けの構成を紹介します!

悪霊の神々サポ攻略-高速構成

 

ドラクエ10のバトルにある程度慣れている方や、高速で悪霊の神々強のサポ攻略を行いたい方もいると思います。

速度重視のおすすめ構成を紹介します!

 

戦士、戦士、バトルマスター、僧侶
バトルマスター、バトルマスター、バトルマスター、僧侶
バトルマスター、バトルマスター、バトルマスター、デスマスター 

 

自分で担当する職業は僧侶かデスマスター がおすすめです。

バトルマスターの「天下無双」が一瞬で相手のHPを削ってくれるので、あっという間にバズズ強を討伐できますよ!

 

悪霊の神々強のように、同時に複数を相手するボスはとにかく最初の1匹を倒すのがバトルの鍵です。

その点、高速構成だと最初の1匹を倒すまでが短いので安定構成よりも合っているかもしれません。

 

そして悪霊の神々強のサポ攻略のカードは、スペシャル福引や錬金釜で何度でも入手することができます。

万が一負けたとしても全然気にしなくてOKです♪

気軽に悪霊の神々強サポ討伐にチャレンジしてみてくださいね。

悪霊の神々強のサポ攻略で必要な耐性

悪霊の神々強のサポ攻略で必要な耐性を紹介します!

悪霊の神々サポ攻略-耐性

悪霊の神々強で必要な耐性は以下の通り!

耐性がない方も安心して見てください♪

 

即死ガード
眠りガード
封印ガード
転びガード
マヒガード
縛りガード

 

悪霊の神々強のサポ攻略の耐性は、他のコインボスに比べるとかなり多めです。

複数のボスが同時に出てくるので、耐性は多くなってしまいますが用意できなくても全然大丈夫です!

耐性を気にせず挑める良いボスだと思います♪

 

しかし、悪霊の神々強のサポを借りるなら眠りガード・即死ガード・転びガードの3つは指定しておきたいところです!

耐性を指定してサポを借りることができるので、悪霊の神々に挑戦する前はサポを借りなおしましょう。

 

眠り・即死・転びがある戦士はすぐに見つかりますよ♪

 

悪霊の神々強のサポ攻略戦闘中の攻略方法

悪霊の神々強のサポ攻略にサポで挑む際の注意点を紹介します!

まずはバズズ強を狙い、できるだけ速く討伐しましょう。

最初はベリアル強とアトラス強は動き出さないので、落ち着いてバズズ強だけに専念して下さい。

 

間違ってベリアル強とアトラス強を攻撃してしまうと、すぐに動き出してしまいます。

天地雷鳴士のめいどうふうまを打つ際は注意しましょう。心配なら打たなくても大丈夫です!

 

悪霊の神々強は、初心者でも気軽にサポ攻略ができるボスです。

この機会にぜひ、悪霊の神々強をサポ攻略してみて下さいね♪

 

↓報酬「悪霊の仮面」のおすすめ理論値はこちら↓

悪霊の仮面のおすすめ理論値! 悪霊の仮面のおすすめ理論値!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です